浅田次郎原作「壬生義士伝」を宝塚歌劇で舞台化!

宝塚版「壬生義士伝」の動画をお探しのアナタ、ようこそ!

このサイトは、宝塚歌劇版「壬生義士伝」(主演:望海風斗/2019年 雪組公演)「公式配信・動画」を「ユーネクスト(U-NEXT)」を使って、【実質・無料】でとってもお得に観る方法をご紹介しています。

宝塚版「壬生義士伝」の動画は「ユーネクスト(U-NEXT)という動画配信サービスで観ますと、なんと実質0円で観られてしまうのです!

さらに、中井貴一さん主演の映画「壬生義士伝」(第27回日本アカデミー賞/最優秀作品賞)もユーネクストの「見放題動画」ラインナップに入っています!! こちらもお試し期間は「0円」で観られます!!

宝塚版・映画版どちらも「壬生義士伝」は泣かされてしまうので要注意ですよ。お一人の時間にゆっくり視聴することをおすすめします。

「壬生義士伝」の見所や感想も後半に書いていますのでぜひ読んでください!

>>ユーネクスト公式サイト「壬生義士伝」はこちらから

「壬生義士伝」のフル動画が【実質無料】で観られます!

「壬生義士伝」のDVDは8,800円(税込)で、そしてブルーレイは11,000円(税込)で宝塚クリエイティブアーツにてそれぞれ販売されています。

これに対し、動画配信サービスのユーネクスト(U-NEXT)ではお手頃価格の550円で配信されています。(2021年12月末まで。最新の情報はユーネクストのサイトをご確認ください。)

しかも31日間無料のお試しで月額会員登録して、特典でもらえる600ポイントを使えばなんと、アナタのご負担金額は0円になります!
さらに、中井貴一さん主演の映画「壬生義士伝」も続いて<無料>で視聴できますよ!(2021年4月現在。最新の情報はユーネクストのサイトをご確認ください。)

>>31日間お試し期間があります!ユーネクスト(U-NEXT)

⇒U-NEXTの無料トライアルでもらえる600ポイントを使ってくださいね☆

宝塚「壬生義士伝」動画を観る方法

ユーネクスト(U-NEXT)で宝塚の『壬生義士伝』動画を観る方法をご案内します。

【1】まずは宝塚の公演を配信している動画配信サービス『U-NEXT』の無料トライアルに登録します。

>>U-NEXTの無料トライアル詳細はこちらから

【2】『壬生義士伝』を購入(レンタル)する。
※31日間無料で月額会員登録すればもれなく600ポイントがもらえますのでポイントを使うのを忘れないでくださいね!

【3】宝塚の『壬生義士伝』を視聴する。

『壬生義士伝』を観たあとは、宝塚歌劇のほかの作品を続けて観ることもできますよ。(別途ポイントでの購入が必要となります。)

【4】続いて映画「壬生義士伝」を観るには、検索窓で「壬生義士伝」と入力してください。映画はレンタル購入せずに無料で観られます!

>>ユーネクスト公式サイト「壬生義士伝」はこちらから

 

「壬生義士伝」の無料動画サイトをお探しですか?

残念ながら宝塚歌劇「壬生義士伝」の動画は、無料サイトでは観ることはできません。

インターネット上に違法にアップロードされた動画を閲覧・視聴することは絶対におすすめしません!

あなたのパソコンにウイルスが侵入したり、突然動作が重くなったりして故障の原因になる可能性が高いです。

また個人情報が抜き取られている可能性もあります。

パソコンが故障して買い替えるとなると数万円以上の出費になります。

会員登録の手間などを惜しんで無料動画サイトで観てしまったがために、パソコン買い替えは代償が大きいと思いませんか?

パソコン買い換えで済めばいいですが、ウイルスやスパイウェア侵入により個人情報を盗み取られているとすると色々と面倒ですよね。

スマートフォン・タブレットの場合でも同じく、不具合が起きやすくなったり異常にバッテリーが消耗する現象が起こる可能性がありますので絶対に「無料動画サイト」のリンクをクリックしないようにしてください。

そもそも著作権侵害行為に該当します。

観るだけなら、と軽い気持ちでクリックしたくなるかもしれません。

しかし観ている側も、著作権侵害行為に加担してしまうことになるのです。

きちんと著作権元(宝塚歌劇団)より正式に許諾を受けた動画配信サービスで観るようにしましょう!

もちろんこのサイトでご紹介しているユーネクスト(U-NEXT)は正式に許諾を受けています。

ユーネクストにある宝塚の動画は【公式配信】として安心して視聴できますよ。

画質も綺麗ですし、ダウンロードも出来ますので快適に観られます。※ダウンロード済みコンテンツの視聴期限は作品により異なります(最大48時間)。

「壬生義士伝」あらすじ

宝塚歌劇の「壬生義士伝」をまだ観たことがない、という方へ。

宝塚「壬生義士伝」動画 主題歌【南部賛歌】の歌詞

『南部賛歌』歌詞より

以下、宝塚歌劇団ホームページより引用

2002年にドラマ化、そして2003年に映画化され大ヒットを記録した、浅田次郎氏のベストセラー小説「壬生義士伝」が、宝塚歌劇で舞台化!

幕末、南部藩の下級武士として生まれた吉村貫一郎は、貧困にあえぐ家族を救う為に妻・しづを残して脱藩し、新選組隊士となる。朴訥な人柄でありながらも北辰一刀流免許皆伝の腕前を持つ貫一郎は、金の為、ひいては盛岡に残る妻子の為に危険な任務も厭わず、人を斬り続ける。

しかし時代の流れには逆らえず、新選組は鳥羽伏見の戦いで敗走。隊士達が散り散りとなる中、深手を負った貫一郎は何としても故郷への帰藩を請うべく大坂の南部藩蔵屋敷へと向かうのだが、そこにいたのは出世し蔵屋敷差配役となった竹馬の友・大野次郎右衛門だった…。

宝塚歌劇でも新選組を題材とした作品は過去に多く上演しておりますが、これまでとは全く異なる視点から描かれる新選組の物語となります。

近藤勇、土方歳三、斎藤一、そして沖田総司…新選組の名だたる隊士が一目おいた田舎侍・吉村貫一郎。武士としての義、家族への愛、そして友との友情という人間ドラマが凝縮されたこの作品に、望海風斗率いる雪組が新たな挑戦をいたします。

>>ユーネクスト公式サイト「壬生義士伝」はこちらから

宝塚歌劇「壬生義士伝」の見所紹介!

まずはネタバレがない範囲でサイト管理人によるおすすめポイントをご紹介いたします。

「日本物の雪組」による殺陣と立ち回り

宝塚歌劇団・5組の中では雪組は比較的「日本物」が多く上演されています。

殺陣や立ち回りのシーンはみなさん慣れているので、とてもかっこ良いですしスピーディーで迫力があります。

宝塚「壬生義士伝」新撰組

「新撰組」の立ち回りは見所のひとつです。

特にユーネクストで配信されている「壬生義士伝」動画は東京公演の千秋楽映像です。

宝塚大劇場公演より上演回数を重ねているので、殺陣や立ち回り、そして台詞の間合いなど演者の息がぴったりと合っていて迫力のある映像となっております。

東京公演「大千秋楽」映像は“泣いても笑ってもこれが最後”という気迫が感じられます。「壬生義士伝」に限らずどの作品も千秋楽の動画は素晴らしいですよ。

>>宝塚「壬生義士伝」動画はお試し期間なら【無料】で観られます!

望海風斗さん・真彩希帆さん「トップコンビの歌唱力」

宝塚「壬生義士伝」動画 『石を割って咲く桜』歌詞より

『石を割って咲く桜』歌詞より

「壬生義士伝」の劇中歌は、メロディがシンプルな曲が多いので海外ミュージカルの音楽に比べるとはじめはインパクトが弱く感じてしまいます。

しかしこのトップコンビが歌うと、歌唱力と声の良さによりシンプルな曲がとてもよく引き立つのです。

望海風斗さんの抑揚の付け方と、感情の込めた歌いっぷりをぜひじっくり聴いてください!

「咲き誇れ~、南部の花よ~」の最後のところで母音を大切に歌っているところがいいなと思いました。

真彩希帆さんの声はとても耳に心地よく綺麗に響きます。せつなくも美しい夫婦愛を見事に歌いあげています。

「壬生義士伝」制作発表のパフォーマンスをご覧になった原作者の浅田次郎先生は、

「望海さんをはじめ皆さん、とても歌が上手いなぁと思いました。あまりにも上手なので、生で歌っているのかどうかと疑って、思わずキョロキョロしてしまいましたよ。」

という感想を語っておられました。

「日本人の魂」を込めた原作を舞台化! “義”とは何か─?

制作発表会で原作者の浅田次郎先生は「私はこの小説に、日本人の魂を込めて書きました。」と語っていました。

主人公である吉村貫一郎にとっての“義”とは何か?

吉村は彼なりの“義”を貫きとおします。吉村が取った行動は現代人は絶対に真似できないだろうなと思ってしまうのですが、そこがこの作品の魅力なのでしょう。

「壬生義士伝」の動画を何度か観ていると「家族愛」や「主君への忠義」以外にも、「日本人の魂」とはこういう事なのか、とより理解が深まりました。

ぜひユーネクストの動画で何度も視聴してみてください!

「吉村 貫一郎」役・望海風斗さんの芝居

歌がお上手な望海風斗さんは、「耳が良い」と他のタカラジェンヌから評されることがあります。

難しい南部弁のアクセントも音階のように捉えてマスターしたのでしょうか。望海さんが話すと自然ですし、聞きとりやすくてさすがだなあと思ました。

宝塚「壬生義士伝」おもさげながんす

「壬生義士伝」劇中台詞より

「おもさげながんす。」と新撰組の隊士たちにペコペコと頭を下げながら平身低頭で接する吉村の様子は、宝塚の男役トップスターがよく演じる男性像とはかけ離れています。

しかしその謙虚な姿の根底にある、芯の通った「もののふの心意気」がとてもよく表現されていました。

この吉村貫一郎を演じられるタカラジェンヌはもう出てこないかも、と思いました。

南部弁で「おもさげながんす」とは「申し訳ございません。」や「ありがとうございます。」という意味だそうです。

人を斬った後にそっと手を合せてつぶやく吉村の「おもさげながんす。」がずっと心に残ります。

カッコ良すぎる!「新撰組」の隊士たち

幕開けから約20分くらいは重く感じる場面が続きますが、新撰組の登場シーンになると一瞬でテンションが上がります!

戦隊ヒーローものっぽい歌が、「誠の群像」(2018年雪組・全国ツアー公演)での新撰組の歌と似ているのかなぁと思ってしまうのですが、むしろこのベタな感じが絶対に必要なのです!

宝塚「壬生義士伝」新撰組

「壬生義士伝」劇中歌「壬生狼たち」歌詞

土方歳三、斎藤一、沖田総司については後で詳しく語るとしまして、とにかくこの新撰組登場シーンで白いご飯3杯は食べられます!

>>ユーネクスト公式サイト「壬生義士伝」はこちらから

ネタバレあり!「壬生義士伝」好きな場面など

ここからはネタバレありで、好きな場面などを書いていきます。
※個人の勝手な感想です。

かっこ良すぎる新撰組 副長「土方歳三」

前半で「かっこ良すぎる新撰組」と紹介しましたが、さらに詳しくご紹介します。

「新撰組」と言えば絶対に語られる、「鬼の副長・土方歳三」は彩凪翔さんが演じました。

宝塚「壬生義士伝」土方歳三のめんどくせぇ~

「壬生義士伝」劇中台詞より

沖田総司に「土方さんはめんどくせぇ、めんどくせぇと言いながらも何事もめんどうがらずにやり遂げる人です。」と評価されていました。

日常でつい口にしてしまう「めんどくさい。」という言葉がこんなにかっこよく聞こえた事はいまだかつてありません!

「これで酒でも飲みに行け。」と着物のお腹のあたりから小判を出して沖田や斎藤に渡すのがまた、かっこいいんですよね。まさに「理想の上司」です。

和菓子を食べる粋でお茶目な土方さんにも注目してください!

壬生の狂犬「斎藤一」

朝美絢さん演じる「斎藤一」は見せ場が多く、“美味しい役“だったのではと思います。

まずは吉村と宴席で隣に座り、吉村の自己紹介を聞いただけで「斬ってやる!」と狂犬ぶりを発揮!

宝塚「壬生義士伝」斬ってやる!

「壬生義士伝」劇中台詞より

「いけ好かない。」という理由だけで「斬ってやる!」ですからね。勝手に「壬生の狂犬」とニックネームを付けました。

ちなみに映画では佐藤浩一さんが斎藤一を演じていましたが、狂犬どころではないです。

「俺は、ひと月ほど人を斬っていなかった……。こいつを斬ってやろうと思った。」

→単なる「殺人鬼」ですよ(@_@;)

映画の斎藤一は「人間は所詮、皆○○袋なのだ。」という台詞を言うのですが、この台詞はさすがに宝塚の舞台では言っていませんでした。

余談ですが、2021年夏に雪組で上演予定の「CITY HUNTER」では、有名なあの台詞はもしかしたら宝塚の舞台では言わないのかも?と予想してしまいました。

それはまた別の話ということで……。

「吉村……。大っ嫌いな奴だった。」と語る斎藤一ですが、いつしか吉村に一目を置くようになっていきます。

そして「死ぬな、吉村~!」と、吉村が故郷に帰って家族と再会できる事を願います。なかなか素直になれない思春期の男子のような斎藤一に注目してください。

御陵衛士(ごりょうえじ)を粛清した「油小路事件」の「油小路だ!」という台詞は、独特な言い回しで、じわじわ後からきます!

宝塚「壬生義士伝」斎藤一の台詞 油小路だ~!

「壬生義士伝」劇中台詞より

>>ユーネクスト公式サイト「壬生義士伝」はこちらから

爽やかで冷静な美剣士「沖田総司」

「斬ってやる!」と血気盛んな斎藤一とは対照的に「斬っちゃいましょうか。」と、爽やかに言ってしまう沖田総司を永久輝せあさんが演じました。

宝塚「壬生義士伝」沖田総司の台詞

「壬生義士伝」劇中台詞より

性格は全く違うように思いますが、いつも一緒にいて斎藤のことを「はじめくん」と気安く呼んでいました。Wikipedia情報によると、2歳ほど沖田総司のほうが年上のようです。

「壬生義士伝」の沖田総司は、“夭逝の美剣士“という少女漫画に出てくる沖田のイメージとは少し違っています。

美剣士なのは変わらないのですが、いつも冷静に物事を判断し発言をしているので、時には冷徹な人物にも見えます。

しかし、ひとこちゃん(永久輝せあさん)のキラッキラ☆の笑顔が爽やか過ぎて、そんなひどい台詞を言っても打ち消していまいます。

史上最高に爽やかな「斬っちゃいましょうか。」をぜひ堪能してください!

「義のために、戦ばせねばなり申さん!」

「鳥羽伏見の戦い」で、錦の御旗を掲げた官軍へ一人で突撃する吉村。

宝塚「壬生義士伝」義のため戦ばせねばなり申さん。お相手いたす!

「壬生義士伝」劇中台詞より

「一天万乗の天皇様に弓引くつもりはござらぬども、それがしは義のために戦ばせねばなり申さん、お相手いたぁーす!」

という場面は一番の見せ場だと思います。

宝塚歌劇の舞台では戦闘のシーンはよく「ダンス」で表現されます。この場面でも娘役さん達が吉村の周りを踊ります。

ダンサー達は「コロス・仁」(沙月 愛奈さん)、「コロス・礼」(笙乃 茅桜さん )、「コロス・智」(華蓮 エミリさん)、「コロス・信」(沙羅 アンナさん)と、パンフレットに役名が記されています。

「コロス」とは、簡単に言うと演劇の手法の一つで、登場人物が台詞で語れなかった部分を補完する役割を持ちます。

─以下、Wikipediaより抜粋して引用─

コロスは古代ギリシア劇の合唱隊のこと。観客に対して、観賞の助けとなる劇の背景や要約を伝え、劇のテーマについて注釈し、観客がどう劇に反応するのが理想的かを教える。

また、劇中の一般大衆の代弁をすることもある。多くの古代ギリシア劇の中で、コロスは登場人物が劇中語れなかったこと(恐怖、秘密など)を代弁する。

初見でちょっとびっくりしてしまったのですが、娘役ダンサー達の衣装の背中にそれぞれ、「仁」「礼」「智」「信」と書いていました。

本当にベタな演出だなぁと思ってしまいましたが、この演出によって吉村の「もののふの魂」が観客に伝わりやすくなっているのでしょう。

宝塚「壬生義士伝」仁義礼智信

仁義礼智信

「義」のため、と言っていますが、詳しく言うと「仁・義・礼・智・信」という武士道精神に基づいた行動なのでしょう。

二度と主君を裏切りたくはない、という吉村の気持ちが分かりました。(吉村にとって、この時の主君は会津藩であり徳川幕府になります。)

ちなみにダンスが得意な娘役さんを選抜しているのでキレキレダンスの「仁・礼・智・信」に注目してください!

>>ユーネクスト公式サイト「壬生義士伝」はこちらから

吉村がついに口にしなかった故郷の米。

吉村が命からがら辿りついたところは幼馴染の大野次郎右衛門(彩風咲奈さん)が差配役を務める、南部藩・大坂蔵屋敷。

吉村はそこで自刃するという結末になってしまうのですがが、大野次郎右衛門が差し入れたのは「南部の米の握り飯」でした。

西洋だと「最後の晩餐」はパンとなるのでしょうが、日本人はやはり「米」ということでしょうか。炊きたてのご飯に塩だけ振って握ったシンプルなおにぎり。

確かに最高のご馳走かも知れません。

宝塚「壬生義士伝」南部の米

「壬生義士伝」劇中台詞より

竹馬の友が用意してくれた、故郷の米で作った握り飯を吉村は食べることなく息絶えてしまいます。

新撰組の仲間におにぎりを配るシーンでも吉村は食べなかったので、このラストへの伏線なのかな、と思いました。

「南部の米じゃぞ、食わんかぁ~! 寛一!!」と叫ぶ大野次郎右衛門に泣かされます。

吉村が会うことがかなわなかった、三番目の子どもは成長し北海道の札幌農学校へ進学します。クラーク博士のもとで、雪や寒さに強い品種の稲を育てる勉強をしているという説明が最後にありました。

最後の晩餐にふさわしいのは「故郷の米」だという結末も、浅田次郎先生の言う「日本人の魂」なのかなぁと思いました。

「壬生義士伝」配役

宝塚版と映画版、それぞれの主な配役一覧です。(敬称略)

宝塚(2019年) 映画(2003年)
吉村貫一郎 望海 風斗 中井 貴一
しづ 真彩 希帆(みよと二役) 夏川 結衣(大野みつと二役)
ひさ 梨花 ますみ 登場無し
松本良順 凪七 瑠海 登場無し
谷三十郎 奏乃 はると 神田 山陽
佐助 透真 かずき 山田 辰夫
土方歳三 彩凪 翔 野村 祐人
近藤勇 真那 春人 塩見 三省
小川信太郎 久城 あす 記載無し
伊東甲子太郎 煌羽 レオ 斎藤 歩
斎藤一 朝美 絢 佐藤 浩市
八木源乃丞 桜路 薫 記載無し
原田左之助 橘 幸 記載無し
みつ 朝月 希和 夏川 結衣
永倉新八 真地 佑果 比留間 由哲
沖田総司 永久輝 せあ 堺 雅人
写真屋 叶 ゆうり 木下 ほうか
大野千秋 綾 凰華 村田 雄浩(青年期:伊藤 淳史)
藤堂平助 諏訪 さき 記載なし
みつ(少女) 彩 みちる 少女期:大平奈津美、幼女期:中山桃
近藤周平 眞ノ宮 るい 加瀬 亮
池波六三郎 縣 千 登場なし
吉村嘉一郎 彩海 せら 藤間 宇宙

映画「壬生義士伝」について

映画「壬生義士伝」主演:中井貴一

映画「壬生義士伝」キャッチコピーより

映画「壬生義士伝」は「おくりびと」の滝田洋二郎さんが監督を務め、2004年の日本アカデミー賞では多くの賞を受賞しました。

【2004年・第27回日本アカデミー賞】
・最優秀作品賞
・最優秀主演男優賞(吉村貫一郎:中井貴一)
・最優秀助演男優賞(斎藤一:佐藤浩市)
・優秀監督賞
・優秀助演男優賞(大野次郎右衛門:三宅裕司)
・優秀助演女優賞(ぬい:中谷美紀)

映画版「壬生義士伝」の見所

上下巻ある長編原作小説をまとめているので、カットされているエピソードが多々あります。そして映画と宝塚の舞台ではそれぞれにカットされているところが違っています。

ですから、宝塚版と映画版の両方の「壬生義士伝」を観るとより、登場人物の行動の意味や気持ちの理解が深まります。

映画「壬生義士伝」

映画「壬生義士伝」キャッチコピーより

映画の「壬生義士伝」の見所はキャストごとにざっくり挙げると、

○吉村貫一郎(中井貴一さん):「鳥羽伏見の戦」で突撃する場面で、銃の煙と砂ぼこりの向こうに消えていく吉村の後ろ姿が悲しい! カメラワークが印象的でした。

○大野次郎右衛門(三宅祐司さん):映画版でも「貫一~、握り飯 食わんか~!」の台詞には泣かされます。

○斎藤一(佐藤浩一さん):宝塚版にはない、「ぬい」(中谷美紀さん)という女性とのエピソードが切ないです。

○沖田総司(堺雅人さん):「凄腕の剣士」らしく豪快に笑い、豪快に食べています。吐血の様子も宝塚版よりも派手なので「ぎょっ!」となります。

と、いったところです。

他にも佐助役の山田辰夫さん、しづ・みつ役の夏川結衣さん、写真屋役の木下ほうかさん、近藤周平役の加瀬亮さんなど、個性的で印象に残る役者さんが揃っておりいい場面が多々あります!

映画もとても感動しますのでぜひ映画「壬生義士伝」の動画を観ていただいたいです。(ただし、切腹や斬り合いのシーンは残酷に感じるかも知れませんので苦手な方はご注意ください。)

視聴履歴から観て、「旦那が泣いた!」

宝塚歌劇団の雪組で「壬生義士伝」が上演されると発表されてすぐに、まずは予習をと思いまして映画「壬生義士伝」の動画を観てみました。

とても悲しくも美しいストーリーですし中井貴一さん、三宅祐司さんなどの俳優陣の演技に感動しました。

そして何日か後に、旦那に「今度、宝塚の雪組で壬生義士伝という日本物を上演するみたいよ。」という話をしました。

「壬生義士伝」というワードを聞いたとたん、旦那の表情が変わりました(@_@;)

「壬生義士伝」銭くれ、銭くれ~

「中井貴一が、銭くれ~、銭くれ~って言う話を宝塚で……!?」

「壬生義士伝」握り飯食え~

最後は「握り飯食え~、って三宅祐司が言う映画か……?」

などと話していると、旦那がみるみるうちに涙目になってしまいました。

旦那が「壬生義士伝」で泣いた!

よくよく話を聞いてみると私が留守の時に、旦那は「視聴履歴」に残っていた「壬生義士伝」の映画を何の前知識もなくふと観てしまったそうなのです。

その当時、私は「アマゾンプライム」で「壬生義士伝」を観ていたのでしっかりと視聴履歴に残っていたのでした。

軽い気持ちで見始めた旦那は、一人で観ていた事もあったからでしょうか、大号泣してしまったとのことでした。

そして、後から思い出しただけで泣けてくる、という有様なのです。

と書くと、徳光和夫さんのように「すぐ泣く男性」と思われるかも知れませんがネットで映画「壬生義士伝」のレビューを読むと、「号泣してしまった。」という男性の書き込みも少なくないですよ。(特に娘さんを持つお父さんは泣いてしまうと思います。)

というように、「アマゾンプライム」の動画は視聴履歴が家族間でバレてしまうのです。

「アマゾンプライム」の視聴履歴はパソコン用のサイトからだと消去する方法もあるようなのですが、いちいち消去するのって面倒ですし、場合によっては「あなたにおすすめ」「次に観る」といった項目も消去しなくてはなりません。

一方、このサイトで紹介しています「ユーネクスト(U-NEXT)」は1契約でアカウントが合計4つまで作れるのです!

それぞれのアカウントでログインして使っていると、視聴履歴は家族には全く分かりません。

お子様に観せたくない、濃~い大人のドラマや映画も気兼ねなく再生できますよ。

最大4つのアカウントがつくれるから、家族4人の利用なら1人あたり実質約500円。しかも、視聴のプライバシーが守られるので安心です。

「壬生義士伝」原作小説と漫画も読めます!

ユーネクスト「観るのも読むのもひとつのアプリで。」

ユーネクストでは動画の他にも雑誌、コミック、一般書籍もおなじ「ユーネクスト(U-NEXT)」内のサイトまたはアプリで楽しめます!

例えば「アマゾンプライム」ですと電子書籍を読みたい時は「kindle」に移動しないといけません。

しかし「ユーネクスト(U-NEXT)」は別のアプリを起動することなく楽しめるのでとても便利です。

「壬生義士伝」の小説もありますのでぜひ読んでみてください!

●小説「壬生義士伝」【文春e-Books】(浅田次郎)1018円(税込)

●漫画「壬生義士伝」(1巻~10巻/)各611円(税込)~
原作:浅田次郎 漫画:ながやす巧

宝塚大劇場へ「壬生義士伝」を観に行った際に、お隣の席の女性と少しお話をさせていただきました。

その方は原作小説をきちんと読んでから観劇に来られていたので、「鳥羽伏見の戦い」の娘役ダンサーの衣装の背中に書いていたのは「仁・礼・智・信」だとすぐに分かったそうです。(舞台だと踊っているので文字が見えずらいです。)

「壬生義士伝」の内容を深く理解するにはやはり小説を読んだほうがいいなと思った次第です。

⇒U-NEXTの無料トライアル詳細はこちらから

「壬生義士伝」の他にも話題作動画 配信中!

毎月1日と15日のタイミングで新作動画が追加されます!

2021年4月現在、配信中の主な舞台作品です。それぞれ配信終了日が異なりますので詳細はユーネクスト公式サイトをご確認ください。

●Music Revolution!(2019年雪組・東京宝塚劇場・千秋楽)

●ONCE UPON A TIME IN AMERICA(2020年雪組・東京宝塚劇場・千秋楽)

●「春雷」(2013年雪組・バウホール・千秋楽)

●「El Japon -イスパニアのサムライ-」(2020年宙組・東京宝塚劇場・千秋楽)

●「I AM FROM AUSTRIA-故郷は甘き調べ-」(2019年月組・東京宝塚劇場・千秋楽)

●「龍の宮物語」(2019年星組・バウホール・千秋楽)

●「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」(2019年花組・東京宝塚劇場・千秋楽)

●「出島小宇宙戦争」(2020年月組・シアタードラマシティ)

●「花より男子」(2019年花組・TBS赤坂ACTシアター)

●「ポーの一族(2018年花組・東京宝塚劇場・千秋楽)

●「エリザベート-愛と死の輪舞-」(2014年花組・東京宝塚劇場・千秋楽)

「ユーネクスト」見放題作品の中から選ぶ! 管理人のおすすめ動画

宝塚歌劇以外でおすすめなのは、山田孝之さん主演のドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(2016年放送)の第7話『ミュジコの村』です!

とても面白かったのでまた観たいなと思っていたら、ユーネクストに動画があったので観られました!

宝塚歌劇団OGの大地真央さん・壮一帆さんや浦井健治さん・新妻聖子さんといった名だたるミュージカルスターがゲスト出演し歌って踊るというとても豪華な回です。

壮一帆さんの「オスケル」には笑ってしまいました^^

公式⇒ユーネクスト(U-NEXT)の無料お試し登録はこちらから

タイトルとURLをコピーしました